>> HOMEへ戻る
 

a

a

a

a

a

a

a

a

a

a

a

a

a

a

a

 

 

a

 

 

 

 

 

 

 

a

a

a

a

a

a

a

a

a

a

a

a

 

 

 

 

 

only yesterday

 

There is a lovely and nostalgic view that feel as my hometown, as only yesterday. Keep in your mind these view while feeling history that can not be seen.

つい昨日のことのように、自分の故郷のように、懐かしく愛おしくなる景色がある。そこにある見えない昨日を感じて、しっかりと、こころに留めたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

「田舎の景色ってのは、みんな人間がつくったものなんですよ。みんなちゃんと歴史があってね。・・・人間が自然とたたかったり、自然からいろんなものをもらって暮らしているうちにうまいことできてきた景色なんですよ、これは。」/『おもいでぽろぽろ』より

まちを歩いていると、ふと目に留まる魅力的な風景がある。そんな風景に出会うと、いままで来たことのない場所なのに、まるで自分の故郷のように懐かしく愛おしく感じてしまう。そんな風景は、自然に発生したものではなく、いつの日かの誰かが、きっと、それぞれの理想を描き手間隙かけてつくっていったものなのだろう。

写真を撮ることは、“採取”することに似ているような気がする。新種の植物なんかを見つけて、その花粉をルーペにおさめる、その瞬間の感動に似ていると思う。発見の喜びと、そのあと家に帰って顕微鏡をのぞく待ち遠しい気持ちに。

切り取られた風景は、誰かが生きた生活の一部である。それをそっと持ち帰り、その歴史と生活を想像してみる。
文章がうまく書けたのなら、小説がいくつもつくれたかもしれない。でも、残念ながらそういう才能は持ち合わせていないようなので、その時の感動とそこの生活が少しでも伝わるように、写真を撮り、記録する。

少し立ち止まって、まわりを見渡して、普段何気なく暮らしているその場所をもう一度見直したい。いつの日かの誰かが築き上げたこの場所を、大切に守り、より良くしていけるように。

 

2014.08

HIBIKUKO

   
   
 
>> HOMEへ戻る
   
inserted by FC2 system